Month: December 2019
モーニングアフターピルを30代が使うリスクと水分摂取

モーニングアフターピルは避妊に失敗した場合に服用するための薬なので繰り返し服用することは基本的には許されていません。 しかし、ネット通販などで購入した場合には医師などによる定期健診や血液検査などを受けないので、リスクに関する注意をしっかりと熟知しておくことが重要です。 モーニングアフターピルを服用する30代の女性や喫煙をしている女性の場合にはモーニングアフターピルによる血栓症のリスクが健常者の5倍になるとされているので、喫煙をしている30代の女性にはピルを処方しない医療機関もあります。 その場合には禁煙をするかネット通販などで購入をすることしか方法はありませんが、低用量ピルや超低用量ピルの場合にはリスクが下がるので処方される場合もあります。 30代以降の女性はホルモンバランスが乱れる傾向が強いのでピルの服用も増えるのですが、血栓症のリスクが高いので水分摂取が必要とされているので、毎日決められた時間に白湯などを飲むことによってリスクを下げることができます。 とくに夏の暑い時期には水分が不足することがあるので、モーニングアフターピルを服用している30代の女性は水分摂取を意識的に行うことが重要となります。 モーニングアフターピルは緊急避妊をするためのピルなので低用量ピルに比べると処方されることが少ないのですが、1回の服用で避妊することができるので、繰り返し服用する女性も多くなっています。 しかし、継続的に避妊を繰り返す場合には低用量ピルの服用をすることが良いとされていて、世界的にも超低用量ピルや低用量ピルの処方が一般的になっているので、リスクをしっかりと考えてからピルを選択しなければ副作用などのリスクのコントロールが難しくなります。

2019年12月18日