Month: October 2019
モーニングアフターピルによる体重増加とホルモンの分泌

モーニングアフターピルによる体重増加は女性ホルモンの分泌が増えることで起きるので、全てのピルに共通の現象なのですが、緊急避妊のためにしか服用しないのでモーニングアフターピルによる体重増加は限定的なので食事制限などをする必要はありません。 しかし毎日規則正しく低用量ピルを服用している場合には継続的に女性ホルモンが分泌し続けるので体重増加を予防するために食事制限などをする必要があります。 ダイエットの基本は摂取カロリーを減らすことなので、モーニングアフターピルなどの女性ホルモンの分泌を増やす薬を服用した場合にはあまり食べ過ぎないようにしなければなりません。 モーニングアフターピルは1度だけしか服用することがないのですが、低用量ピルに比べると4倍以上の効果があるので副作用のリスクも高まるのですが、女性ホルモンの増加によるホルモンバランスの変化が原因なので対症療法をしながら症状の改善を待つのが一般的になっています。 モーニングアフターピルに関しては現在は1種類のピルが認可されているのですが、24時間以内に服用することができると95%以上の確率で避妊が成功するのでなるべく早く婦人科などを受診して処方を受けると確実に避妊をすることができます。 ネット通販でモーニングアフターピルを購入する場合には説明書をしっかりと読んで副作用や用法を十分に理解してから服用しなければ健康リスクが高まるので注意が必要です。 またモーニングアフターピルのように不規則に服用すると血栓症のリスクが上昇するので、タバコを吸っている女性は低用量ピルの処方を受けるほうが血栓症になりにくくなります。 喫煙はピルとの相性が良くないので禁煙をしないとピルの処方をしてもらえないこともあります。

2019年10月11日