公開履歴
嬉しく笑っている女性

モーニングアフターピルは、避妊の失敗や性犯罪などに巻き込まれた女性の望まない妊娠やそれによる人工妊娠中絶を避けるために服用する緊急避妊薬です。
1999年にフランスで承認され、世界保健均衡(WHO)から緊急避妊目的の必須医薬品に指定されています。
日本でも2011年から使用が開始されています。

緊急避妊薬にも種類があり、近年ではネットを利用してジェネリック医薬品のアイピルを購入し、もしもの時に備えている女性もいるようです。

モーニングアフターピルにはプラノバールを服用するヤツペ法とノルレボ錠を服用するレボノルゲストレル法の2通りの方法があります。
どちらも性交渉から72時間以内に最初の服用をします。
レボノルゲストレル法は医師の前でノルレボ錠を2錠飲めば終了です。
ヤツペ法は1回目の服用の後12時間後にもう一度服用しなければなりません。
現在では服用が1回で済む手軽さと、モーニングアフターピルを服用することによる吐き気や嘔吐、頭痛や胸の張りといった副作用が起きづらいレボノルゲストレル法を採用する施設が増えています。
全ての産婦人科がモーニングアフターピルを置いているとは限りませんので、まずは電話で問い合わせをしてみてください。

モーニングアフターピルの避妊率は、WHOの大規模調査から「100人中98人が妊娠しない」と予想されています。
しかし実際の産婦人科医などのデータではどちらの方法を選択しても避妊成功率は80%程度で、1~2%は妊娠してしまうと言われています。
排卵日付近の妊娠しやすい日の場合には、レボノルゲストレル法で約15%、ヤツペ法で約43%が妊娠してしまうというデータもあり、100%確実な避妊ができるとは言えません。
この確率も性交渉から時間が経つにつれ上がって行きます。
避妊に失敗したり妊娠をしたくないという時には、すぐにモーニングアフターピルの服用を検討しましょう。